【虫歯ができる検診もある】
 とても怖い話から始めなければならないのですが、歯科検診を受けて、虫歯になってしまうことがあります。そのため歯科業界では、数年前から検診の際に探針(虫歯などをチェックする道具)で強圧を加えることをしないように警告されています。ところが、この通達をよく知らない歯医者さんがいて、いまだに探針で歯を強圧を加えてカリカリやっているらしいのです。
 今、この文章を読んでいる歯医者さんは、おそらく大丈夫でしょう。情報をつかんで、きちんとした検診をされていると思います。でも、誰が強圧を加えてカリカリしているのか、していないのかは、誰にもわからないことなのです。

どうか歯の裂溝(みぞ)をカリカリしないでくださいね!

 ただし、明らかに虫歯だったり、歯の裂溝が深くてシーラントが必要な時は、カリカリしてチェックしたり、形態が悪いものを取り除かなければならないということは重要なことだと思います。


【100%虫歯になる歯】
 乳歯、永久歯を問わず、歯の溝が深かったり、ピット(小さな孔)があったり、凹みがあったりします。これは、遺伝的な因子によるもので、予防することはできません。
 この凹んでいる場所は形が悪く、細菌の巣となっているため、フロスや、歯ブラシで、どんなにきれいにしても虫歯になってしまうのです。つまり、100%虫歯になる歯なのです。

 どうすりゃいいの?!

 この形が悪い場所は、とりあえず、歯医者の判断が必要になります。
 でも、とても難しい判断です。どの程度のものが、治療の対象になるかどうかの基準は、はっきり決まっていません。でも、でも、明らかに必要なものもありますので、是非、歯医者に見てもらうべきです。