【フロスの使用方法】
 これが、一般的なデンタルフロスです。薬局や歯医者さんに行けば、買うことができます。パッケージの裏に使用方法が書いてありますので、よく読んでください(読まない人が多い!)。ポイントは、中指に巻き付け、歯に向かって押すということです。

フロスの使用方法をアニメーションで見て下さい。
[ 上前歯の場合 ]
 
【フロスとは】
 ナイロン製の糸です。
 これが、デンタルフロスです。
 見たことがない人もいるかもしれません。Johnson&Johnsonのフロスが日本では一般的ですが、他社のものもあります。
 
【フロスが一番大事な理由】
 隣接面(歯と歯がくっついている面)をきれいにすることが、歯をきれいにする上で、最も大事なことです。もちろん、他の面---咬合面(噛む面)、唇側面(外側の面)、舌側面(内側の面)---の汚れを落とすことも大事なのですが、気軽に歯ブラシで歯垢(しこう)を落とすことができない隣接面から虫歯が始まり、歯周炎(ししゅうえん)が始まることが非常に多いからです。
 健康な歯周組織(ししゅうそしき)の場合、隣接面をクリーンアップできる道具は、フロスしか考えられません。乳歯では、これしか入らないと言っても過言ではありません。
 
 
【フロスと糸ようじ】
 フロスと聞いて、ピンとこない方がたくさんいるかもしれません。でも、「糸ようじ」と聞けば、知っている方はたくさんいるでしょう。フロスを利用して、製品化したものが「糸ようじ」なのです。つまり、元祖はフロスなのですが、使用方法が日本では一般的ではなく、使い方が難しいと誤解されているため、簡単そうな「糸ようじ」が便利そうなので、よく売れている商品となったのです。
 じゃあ、「糸ようじ」と書けばいいのじゃないかとお思いでしょうが、そうは問屋が卸さないところが味噌なのです。どちらもナイロン系の糸を使用していますが、フロスは、単なるナイロン糸と考えていただければ結構です。フロスは、2本の指で操作して、歯と歯の間に入れ、隣接面(歯と歯くっついている面)に押しつけ、歯垢(しこう)をこすり落とすものです。簡単な作業に思われますが、技術的には少し難しく、少々練習が必要です。フォルダを買えば、糸ようじに変身します。
 実際に、子供の口の中で使ってみるとわかるのですが、熟練すればフロスの方がスピーディ、快適、確実で、経済的です。
 是非、熟練してください。